雇われ施設長『頑張るおっさん』が介護業界をつぶやく!

介護・福祉業界に25年以上身を置くおっさんの本音のつぶやきです(笑)

筋ジストロフィー・・・ヒロトの話

今日はちょっと飲んだので、思い出話を書きたくなった『頑張るおっさん』です。

僕が24歳ぐらいの頃、障がい児と呼ばれる奴らと出会いました。僕は当時、専門学校に通っていて、その授業の一環で障がい児キャンプに参加したんです。たしか、7泊8日で、小学生から高校生までの障がい児と呼ばれる奴らが参加していたと思う。大規模な企画で、僕は高校生のグループに入り、そしてそのキャンプの後も、一部の奴らと遊ぶようになりました。

その中の一人に、筋ジストロフィーという疾患を患っている高校2年の男子がいたんです。ここでは、彼の名前を仮に「ヒロト」と呼びます(僕の大好きなブルーハーツヒロトに借りることにします:笑)。ヒロトはそのキャンプが大好きで、小学生のころから参加していて、彼自身はそのキャンプを「人生の生きがい」と言っていました。でも、ひろとの病状が悪化して、高校3年生の時、その最後のキャンプへの参加許可が、医師の判断で出ませんでした。

ヒロトのお父さんから、突然、僕に電話がきました。時々遊びに連れて行ってたからだと思います。お父さんは、「一緒にキャンプに参加できなくても、近くの宿にとまってキャンプの友達に会わせたい」、「ヒロトは自分の病状を知っているから、死んでもいいから最後にみんなに会わせたい」と。「キャンプ中に死ぬかもしれないし、そんな責任持てないっすよ」が僕の回答でした、でも・・・結局、僕はヒロトをつれて近くのホテルに泊まり、キャンプの日中活動に参加することにしたんです。当時運転していたワゴン車に自動体位変換するマットを積んで、信頼できるもう一人の仲間と一緒に2泊3日だけ。ヒロトはね、もう、本当に本当に喜んでました・・・夜中彼が眠ってるとき、体位交換しながら泣いたなあ・・・

ヒロトはその冬に死にました。その連絡を受けて病院に行ったとき、看護師さんは「とても穏やかな最後でしたよ」っていってくれました。その夏、勝負して良かったと今でも思います。

僕が今、こんなに福祉に一生懸命になれることに喜びを感じられるのは、ヒロトのおかげだと思うんです。どんな状況にあっても、障がいとかがあって、自分には何も出来ないと思うかもしれないけど、ただ一生懸命に生きることが人に勇気を与えるんだと思うんです。僕はヒロトのおかげで幸せになった・・・ありがとね、ヒロト

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!

北の街で「TEACCH」プログラムを

いよいよ明日、北の街へ出発ということでテンションアゲアゲの『頑張るおっさん』です。昼食後に家を出て、新幹線で18時過ぎには北の街に着きます。荷物の準備も出来たので、後は心の準備だけ!

さて、そんな北の街の事業には、昨日も書きましたが医療、高齢者介護、障がい者福祉、児童福祉など、本当に様々な可能性があります。そんな中、今日は障がい者福祉について記載してみたいと思います。

障がい者福祉の分野で、自閉症と言われる人に対し「TEACCH」という手法が用いられることがあります。『 Treatment Education of Autistic and related Communication handicapped CHildren 』の頭文字をとって、TEACCH(プログラム)と呼ばれます。日本語では「自閉症及びそれに準ずるコミュニケーション課題を抱える子ども向けのケア教育」と訳されるようです。

知的障がい者の分野で支援に携わるものであれば、TEACCHという言葉を聞くとまず「構造化」を思い浮かべることでしょう。急な予定変更などが苦手な自閉症者が落ち着いて生活するには、1日のスケジュールや行動が、いつ、どのように、いつまで行うのかなど具体的な方法や時間などを明確に示されること、さらにその通りに進むことで安心して生活を送ることが出来ます。この、場所や時間や方法を具体的に分かりやすく、明確にすることを「構造化」と呼びます。生活を構造化することで自閉症者は安心して過ごせるのです。

ただ「TEACCH=構造化」ではありません。これが案外間違われやすいことです。いくつかのポイントがあるのですが、僕が一番大切に思うのが「療育プログラムが包括的に行われること」「当事者の人生を通じて支援すること」の2つです。

自閉症と呼ばれる人が『その人が産まれてから、地域で普通に育って、普通に学んで、普通に就職して、普通に死んでいく』というプロセスを、普通の人と何ら変わらない普通の人生を歩めるように、地域が一体となって支えることだと思うのです!

僕は北の街で、これを実現したい。今は障がい者グループホームしかやっていないけど、これからB型就労支援事業や放課後等デイサービスを行うことで、彼らの人生に関与させてもらうことで、地域を育てたいんです!これこそが『支え合う街づくり計画』のひとつです。そういうこと、障がい者も高齢者も子どもも普通と言われる人も、みんなみんな心も一緒に暮らすことこそが、地域包括支援システムなんじゃないかな。

※明日から1週間、おそらく更新できませんのでご了承ください。

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!

18日から北の街へ

高3の長女と小5の次女と一緒に、パソコンのタイピングゲームに熱くなってしまった『頑張るおっさん』です。もちろん、3人では僕が圧勝しましたあ~(笑)

さて、いよいよ来週から1週間、北の街に出張します!先日ちょっと記事にしましたが(ん?Twitterでつぶやいただけだっけなあ?)、北の街で僕がしたいことは「医療」、「高齢者介護」、「障がい者福祉」、「子どもの福祉」を繋げて、みんなが支え合える地域包括ケアシステムを実現することです。

これまでも書いてきたけど、理念だけではダメです。正当な利益を出し、その上で利用者が幸せになり、更に働く人に適正な報酬を支払えてこそ、正しい地域包括ケアシステムだと思います。誰かの犠牲によって成り立つものは「仕組み」ではないのです。

で、まず手掛けたいのが、グループの医療法人であるクリニックが行っている「みなし指定訪問看護」の”みなし”を取り払い、「指定訪問看護事業所」としての事業指定を受けることです。これだけで、同じことをしていても大幅な収益アップになります。北の街の看護職員さんたちは年収350万円くらいの人も多いのですが、450万円以上に年収をあげても十分に採算がとれると思います!

もうひとつは、障がい者グループホームを運営しているのですが、さらに就労継続支援B型の事業を始めたいと考えています。この事業はあまり収益を上げられるものではありませんが、「住まいと仕事」を一体的に運営することで安定した事業体制を構築することができます。今後はA型や、更には「放課後デイ」など子どもから成人に至るまでトータルで障がい者福祉を支えられる仕組みを作りたいです。

他にもいろいろやりたいことはありますが、まずは、北の街に行って、状況をしっかり把握しつつ、この一週間で現実的な計画を立ててきたいと考えています!

ワクワクするなあ~

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!

久々にスゴく嬉しいことが!

来月から施設長交代となるので、日々、体制変更に向けた組織編成や申し送りなどに注力している『頑張るおっさん』です。

北の街での現状の改善に加え、新規事業の計画にワクワクしながらも、5年近く共に過ごしてきたこの施設の入居者や職員が幸せになるように、いろいろ考えています。

僕は自分でいうのも何ですが、しかも現場にちゃんと伝わってるかも分かりませんが、経営と現場を究極的にどちらか選ばなければならないとしたら、僕は現場を優先すると社長には伝えていました。もちろん、両方をバランスよく平等に客観的に運営するのが僕の善いところだと思うので、数字もそこそこ良く、現場もそこそこ落ち着いています。バランス型人間、中間管理職型人間っていうのか、僕はホントにちっさい人間なんです。

ただ、人事発表があってから、現場の各部門の3人の部長たちから「施設長がいなくなったらやっていけない」って言ってもらったんです!家に帰ってから、マジで泣けましたわ~(笑泣)。正直、本当に嬉しかった・・・伝わってたって言う傲慢な意味じゃなく、僕の気持ちを受け止めてくれてた人がいたことに。

ただホントはね、こんな風に言われて喜んでいる場合じゃなくて、「施設長が抜けても安心です」って言ってもらえるように組織編成をしなきゃならないんです。でも、実は今後ずっと北の街に長期で滞在すると思ってたら、毎月2週間くらいは関東圏、2週間くらいは北の街、みたいな働き方で良いようなので、これからも職員や入居者の皆さんをサポートしたいと改めて心から想うのです!

自分、ちっさな人間ですが、誰かの助けになれたら嬉しいなあ。

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!

介護業界のICT化について

昨夜は「凄すぎる悪夢」にうなされて、体調不良な『頑張るおっさん』です。悪夢で起きて、また眠ったら悪夢の続きが・・・これを繰り返してホントに朝はぐったりです。

さて、今日は介護業界のICT化について。

様々な介護機器が開発され、介護業界ではICT化がどんどん進んでいます。この点で最近ちょっと感心しているのが、機器の連動です。そして特に感心なのが、介護記録ソフトと介護機器の連動です。

昔、僕が最悪だと思ってたのが記録ソフト。現場の職員が手書きしたメモを記録ソフトに打ち換えるという光景がどの事業所でも当たり前の時代がありました。これ、会社や管理職者にとっては便利ですが、現場の職員にとっては最悪。記録に時間がとられるため、入力のために利用者さん対応を怠るか、サービス残業するか、みたいな状況が一般的でしたねえ~、本末転倒。

しかし最近は、タブレットによる入力がかなり簡単になってきたため、メモをとってから入力し直す必要もなく、かなりの業務改善になっているように思います。しかも!体温や血圧、血中酸素飽和度なども測定すると自動で記録されるものも一般的になってきました。更に、離床センサーや睡眠中のバイタル情報までもが自動で記録することもできるようになっています。

今後の課題はやはり導入費用や、業者間の連携による汎用性を上げることだと思います。特にWI-FI環境が必要な場合が多く、古い事業所ではこのWI-FI環境の構築が大きなハードルになります。

ぜひとも、現場の職員の負担軽減がホントに実現できるICT化が進むことを願っています。

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!

今日はカタールW杯最終予選、オーストラリア戦だあ~

やった~、これ書き始めた瞬間に先制ゴール!今日は是が非でも勝点3をもぎ取って欲しいと切に願う『頑張るおっさん』です。

あ、それから毎日「ポチッと」してくださっている方が数人いらっしゃいます。ホントに嬉しいですね~、まさに励みになります。これからも応援していただけるとコツコツ続けられます!

さて、この試合前の最終予選の状況はこんな感じです。

グループB順位表
順位 チーム名 勝点 試合 得点 失点
1 オーストラリア 9 3 3 0 0 7 1 6
2 サウジアラビア 9 3 3 0 0 5 1 4
3 日本 3 3 1 0 2 1 2 -1
4 オマーン 3 3 1 0 2 2 4 -2
5 中国 3 3 1 0 2 3 6 -3
6 ベトナム 0 3 0 0 3 3 7 -4

今のところ、オマーンサウジアラビアに敗退し、中国に勝利しています。その状況を勘案すると、どう考えても今日は絶対に勝利、そして次のサウジアラビア戦でも勝利が必要です。あとはホームでは絶対に勝利、アウェーのオーストラリア戦は最低でも引き分け、そしてとにかく絶対に負けないこと。

今の日本代表を、僕は強いと思っているので、なんとかW杯に出てベスト8以上に入って欲しいと願っています!

ちょっと心配なのが天候不良やグランドコンディションが悪いところで戦うこと。早いパス回しや正確性が日本の強みだと思うので、とにかくグランドコンディションが悪いと気になる。

とにかく、今日はサポーターもたくさん来ているから、絶対に勝利して欲しい!

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!

し、死にそうだった・・・そのくらい多くの人にご迷惑かけた。

今日は、今日は本当に久々に血の気が引いて足の感覚がなくなるような状態で出勤した『頑張るおっさん』です。

内容は書けませんが、施設のご入居者や地域の皆様、その他ある関係機関の皆様に多大なるご迷惑を、ホントにもうどうにも言い訳できないような事態を発生させてしまいました、冗談にもできない程のことでした。

この記事を書いている今でも、足元がフワフワしてあまり感覚もなく、また、昨日はほとんど眠っていないこともあって頭ももうろうとしています。

ふう~、はあ~、ああ~・・・いくらため息をついても解決しない。

今日は、何も解決していないです。問題を先送りしただけ。でも、僕たちだけでは絶対に問題を解決できないので、様々な業者の方々のご協力を頂きながら、解決の道を探ろうと思います。

今日は一日中、謝罪の日でした・・・暗い話題で申し訳ない。

にほんブログ村 介護ブログへ

 ↑ ポチッとしていただけると元気がでます!