雇われ施設長『頑張るおっさん』が介護業界をつぶやく!

介護・福祉業界に25年以上身を置くおっさんの本音のつぶやきです(笑)

介護職員年収1,000万円プロジェクト!

にほんブログ村 介護ブログへ

業務スーパーやジェイソンを上手に活用しながら、日々の生活費をコソコソ節約している『頑張るおっさん』です。

そんな貧乏性でリーズナブルなおっさんが言うのも憚られますが・・・そう、今日の話題は『介護職員年収1,000万円プロジェクト』です!介護という素晴らしい仕事をしていながら、世の人々がすごい年収の基準とする1,000万円に届く介護職員がいないなんて・・・いや、いるかもしれないが大ぴらになっていないのです!これは大問題じゃないかと、頑張るおっさんは思う訳です!

しかあ~し、ホントに年収1,000万円の現場の介護職員は存在するのでしょうか?まあ、僕が知る限り、その事実は確認できていません・・・ならば、僕の職場でホントに年収1,000万円の現場の介護職員を生み出せばいいじゃないかあ~!!!

「そんなの無理に決まってんじゃん」とか言う人が多いと思いますが・・・いやいや、僕の職場なら、これってまあまあ現実可能な水準にあると思うんです。現時点でホントに介護の現場だけで業務している部長の年収は630万円です。部長といっても、正直、素直で優しいことだけが取り柄のシングルマザーなんです(個人情報漏洩にならないためにも、現時点では僕の職場がどこか分からないようにしなければ!)。ちなにみ、先日も記事にしましたが、定期巡回の実質的管理者は年収680万円。あと300万円くらいでしょ。ホントにできるでしょう。

ただなあ、SNSだと、この記事も含めて事実か分からないでしょ。ならば、ある程度知名度があって、介護業界に影響力のある人が、特に熱い若者が事実を検証して証明してくれたら、僕の職場で1,000万円の年収を稼いでも個人情報が洩れずに、その職員が職場内でも誹謗中傷されることなく、だけどその事実をSNSで知った人たちはモチベーションがめちゃめちゃあがるんじゃないかと思いついたわけです。

そしてそんなことを実現するためにも、介護業界である程度知名度があって、若くて熱くて僕も尊敬できるキャンプファイヤーで「ケアワーカーをケアしよう」というプロジェクトを実現した『秋元可愛』さんみたいな人が、このプロジェクトに協力してくれて、その経過を実況中継してくれたなら、僕も「まあ、頑張ったけど出来ませんでしたわ~」で終わらせることは出来ないから、もう「猪突猛進」(鬼滅の刃のイノシシのお面をかぶった人)みたいにやり遂げるしかないって思うんですよ(他力本願で甘いけどなあ)。

だけどね、このプロジェクト、金銭的には1円も投資してもらう必要はないんですよ。多くの人が注目してくれればよくて、あとはうちの会社で価値ある職員に普通に1,000万円の給料を支払うに至った経緯を宣伝してくれればいいんです。その労力に対する対価は必要ですが、お金は一切必要ないんです。

僕はおもしろいと思うけど、そういうビジョンにお金ではなくて、その人個人の知名度とか情報網だとかを投資してくださる方っているんでしょうかねえ~?まあ、あんまりいないだろうから、このブログでコツコツやってみますわあ~(笑)。

にほんブログ村 介護ブログへ